疼痛性障害に負けない克服法|今すぐ痛みノン

ハート

Special

病気を知る

カウンセリング

疼痛性障害は脳の障害で痛みを感じてしまう病気の一種です。リアルな痛みが伴うため耐え難い痛みと常に耐えなければならない状況が続いてしまいます。しっかりと検査を行わなければ判断すること自体が難しいと言われています。

続きはこちらから

女性に多い

青空

疼痛性障害は男性よりも女性がなりやすいと言われています。脳に負担をかける心理的社会に関わることが多く、その分セロトニン障害を起こしやすいと言われています。現在の環境を変え、ストレスフリーな生活を行なうことも大事です。

続きはこちらから

検査で判明する

ジャンプ

疼痛性障害を治療するためにはまず検査が大事です。光トポグラフィーなどの検査を受けることで医学的に疼痛性障害か否かを判別することができ、適切な治療方法を模索することが出来ます。光トポグラフィーは手軽に検査出来ます。

続きはこちらから

Topics

病院探しを行なう

心療内科を名古屋で探すなら、コチラがオススメですよ!親切で丁寧なケアを受けたい人に人気ですよ。まずは確認してみましょう。

うつ病の治療を行なうなら、専門のクリニックを受診しましょう。専門的な治療を受けることで症状を改善することが出来ますよ。

ドクター

原因がはっきりしない症状を抱えて生活をしている方も多いでしょう。生きていれば何らかの疾患や持病というのを誰しも持つものです。そのため病気とうまく付き合うことが大切なわけですが、原因が分からず病名も知らないとなると対策のしようがありません。毎日ビクビクしながら生活を強いられることになり、思っている以上に精神的な負担と不安が重なります。例えば身体表現性障害などは原因がはっきりと分からない症状として有名です。精神的な病と脳障害が合わさって起こるもので、体に何らかの形で症状として現れます。身体表現性障害の中でも疼痛性障害は厄介な病気として知られています。疼痛性障害は脳障害であるセロトニンの減少や機能障害によって起こる痛みを発症する病です。セロトニンは脳の情報を伝達するために必要不可欠でセロトニン神経から分泌されます。シナプスへ情報伝達を行ない、自律神経のバランスを保つ作用があります。セロトニンに何らかの影響があると正確な情報伝達が出来ず、自律神経のバランスが崩れ、身体的外傷が内にもかかわらず痛みを感じる事があります。疼痛性障害では様々な痛みがあり、複数箇所同時に痛み出すこともよくあります。ズキズキする頭痛なども疼痛性障害の可能性があり、自律神経のバランスを崩してしまうストレスの加積が原因として考えられています。見た目からは原因特定が難しいため、一般医療科で診断しても明確な答えが返ってこない事が多いです。何度も原因不明と言われる場合は思い切って心療内科や脳外科などで診断をしてみるといいでしょう。
心療内科などはこういった精神からの身体的症状が現れた時にかかり付ける医療科であり、明確な答えを知ることが出来るでしょう。心療内科へ訪れたことがないという方は探し方も知っておくといいでしょう。心療内科はうつ病などが注目されたことで比較的多くの場所に登場してきています。都内であれば一歩街へ出れば直ぐに幾つか見つけることが出来るでしょう。自分が住んでいる街にも必ずあり、直ぐにでもかかりつけたいという場合はスマホなどで探してみるといいでしょう。心療内科はその文字だけでは訪れにくいという声が多いため心療内科ではなく、◯◯クリニックという形で営業していることが多いです。そのため単に心療内科で調べても見つけにくいでしょう。クリニック検索アプリや市町村で探すことが出来る病院検索データベースなどを活用して探すといいでしょう。スマホアプリの場合はGPSを活用して現在地点から最も近い場所の心療内科を探すことも出来ます。

カウンセリング中の外国人

治療の流れ

疼痛性障害の治療の流れはまず心療内科で受診を行い、その上で治療方針を決めていくという流れになります。人によって違いますが、薬物療法や行動療法など複数の治療方法を同時に行い、自分に合った治療方法で改善をしていきます。

診察

保険加入と健康保険

疼痛性障害は心療内科で治療ができますが、料金は健康保険に加入していれば3割負担で治療を行うことができます。疼痛性障害に患うと保険に加入することができない場合があります。完治していれば加入できる場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加