疼痛性障害に負けない克服法|今すぐ痛みノン

保険加入と健康保険

診察

精神的な病になった時は早め早めの治療を開始することが大事になってきます。治療タイミングが遅れてしまえば重症化することもあり、この遅れが後々面倒になることも有ります。出来る限り早期診断と早期治療を心がけたいですが、中には全く知らないような症状で悩んでいるということもあるでしょう。疼痛性障害などは身体表現性障害の1つで、精神的な障害が体の痛みとして症状が発症します。痛みは人によって異なり、ズキズキする痛みや肩こりのように重くなるなど、痛みが異なる特徴があります。疼痛性障害は精神病の一種でありながら脳機能障害でもあります。脳内の情報伝達がうまくいかないことで処理ができず、痛みを感じとってしまいます。通常の病院で診察を受けてもまず疼痛性障害と判断されることはなく、軽度の疲れであると判断される場合があります。しかし疼痛性障害は痛みこそ様々なレベルがありますが、脳機能障害であることには間違いなく、しっかりと治療をすることが大事です。治療の際は精神科ではなく、心療内科へ訪れます。心療内科へ訪れたことがないという方も居るでしょう。料金について不安という場合もあるかもしれませんが、国民健康保険に加入していれば3割負担で治療を受けることができます。ただしカンセリングなどは適用外になるため、初診時の料金は多少高くなるでしょう。ですが疼痛性障害は何度も通いながら徐々に治療を行なう必要があるため、2回目からはきっちり3割負担で治療することが出来るでしょう。料金に関してはそれほど意識せずに治療が行えるため躊躇することはありません。
疼痛性障害など精神的な病であると診断された時は保険に加入するのが難しいと言われています。実際に精神病を始め自律神経失調症などは原因が複雑なため、治療が難しく感知できたのかの見極めが難しい病気です。そのため保険会社はわざわざリスクのある方を加入させるよりは、別の方を加入させたほうが収益率が高いためリスクマネジメントとして過去に精神病などにかかった事がある方の加入を制限している場合があります。勿論疼痛性障害も制限されることの多い病気で、新規に保険に加入する時は注意が必要です。ただかかってしまったのはどうすることも出来ないためしっかりと正直に疼痛性障害を患っている、また過去に患ったことがあるということを申告しておきましょう。申告した後の判断は保険会社に委ねられ、人によっては加入できることもあります。保険会社が注目しているポイントは現在でも疼痛性障害にかかる可能性があるか、また疼痛性障害にかかる要因を持っているか、適切な判断ができるかなどです。現在は既に完治している証明ができれば例え疼痛性障害であっても加入することは出来るでしょう。しかし適切な治療を行なっていない場合はリスクが高いため拒否される可能性もあります。申告は必ず正しいものでなくてはいけないという決まりがあります。虚偽申告をした場合は罰則があることも考えられるため、疼痛性障害で保険加入をする時はよく考えるべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加