疼痛性障害に負けない克服法|今すぐ痛みノン

検査で判明する

ジャンプ

疼痛性障害で悩んでいる方は意外と多いとされています。その理由に精神的な原因で発症することもあるのが疼痛性障害だからです。発症するとリアルな痛みを感じてしまい、外科的な治療ではどうすることも出来ません。精神的な原因ですが、精神は脳が作り出すもので、脳障害と捉えるのが最近の流れです。疼痛性障害は様々なキッカケでなると言われていて、1番多いのが加齢やストレスによるセロトニン障害、2番目にケガなどで本当に感じた痛みなどの延長線上で完治後も痛みを生じるという事があります。痛みの種類はひとによって異なり、ヒリヒリ程度という場合もあれば、耐え難き痛みという場合もあります。脳の障害なため通常の病院で診察をしても原因不明という結果になることが多く、こういった原因不明が多い場合は専門的な検査をする必要があります。検査は脳の検査を行うことになり、そこで用いられるのが光トポグラフィーです。
光トポグラフィーはどんな人でも検査ができる装置で、手頃に検査が可能という特徴を持っています。検査器具を頭に装着し、器具には脳の血流を測るセンサーが装着されています。幾つかのセンサーにより、脳の血流をリアルタイムで測り、どこの脳分野が活動をしているかを映像として見ることが出来ます。検査中は脳を活動させるために様々な質問を行います。この質問は基本的に本人に関係有るものではなく、ある文字から始まる言葉でしりとりをして下さいや、特定の文字で始まる言葉を10個考えて下さいなどの質問が行われます。誰に対しても効果のある質問がされるため、正しい脳機能の状態を知ることが出来ます。光トポグラフィーは数十分で検査が可能で、数万円程度の料金で検査が出来ます。疼痛性障害を初め、脳の障害で精神的なダメージを負った方でも検査することが出来ます。例えばうつ病やptsd、また心身症なども検査することが出来ます。検査の結果、疼痛性障害の疑いがあるという時は正しい治療を行なうことが大切です。例えば薬物療法や行動療法などがあり、ストレスによって発症したという場合は今ある環境が原因のばあいがあるため、自由に過ごすことが出来る時間を手に入れることが大事でしょう。長期休暇で羽を伸ばし、自分らしい生活リズムで過ごすことでセロトニン障害を改善することができ、疼痛性障害の症状を弱めることが出来ます。また薬物療法は初期の痛みを緩和するだけで用い、長期的な療法は適さないとされています。その理由に依存症になりやすく、うつ病などの精神病を併発する可能性があるからです。また自然療法としてあまり気にせずストレスを上手く受け流す能力を身につけるという方法もあります。ストレスがたまらず精神が安定すればセロトニンも次第に安定してくるという考え方もあり、根本的な治療ばかりが全てでは無い事も有ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加