疼痛性障害に負けない克服法|今すぐ痛みノン

治療の流れ

カウンセリング中の外国人

セロトニンは私達が生命活動をする上で無くてはならない脳内物質です。セロトニンがあるから自律神経のバランスを保つことができ、これによって様々な環境でも生活することが出来ますし、脳内の情報の伝達を行なうことも出来ます。そのためセロトニンに何らかの異常が見られると私達は正常な生活をすることができなくなります。例えば疼痛性障害などはセロトニンの異常によるニューロンネットワーク形成ができなくなることで起こる空想の痛みです。空想の痛みと聞くと痛みがそれほどない軽いものとイメージするでしょうが、脳が感じる痛みとは本物の痛みで、体に何かしらのケガをしていなくても痛みを感じてしまいます。疼痛性障害は男女関わらず発症し、主に女性が発症する割合が高いとされています。心理的な負担から正常な精神を保つことができなくなり、これによって脳がストレスを上手く処理できなくなりセロトニン分泌量が減ったりします。治療を行わなければ常に空想の痛みと付き合うことになり、痛みのレベルによっては耐え難き症状となります。
治療の流れはまず疼痛性障害であるということを診療内科で相談します。精神科でも脳外科でも対応はしてくれますが、精神的な症状が体に何らかの影響が出た時は心療内科へ受診するのが一般的です。心療内科も今は訪れやすくなっていて、中には通常内科と併設されている場合もあるため気兼ねなく訪れることが出来るでしょう。疼痛性障害の治療はまず疼痛性障害が起こるメカニズムの説明から行われます。多くの方が脳の障害であるということを知らずに疼痛性障害を発症してしまいます。ストレスが原因だったり、また別の原因が会ったり人によって発症原因とそのメカニズムは異なるでしょう。しっかりと検査をしたうえで説明があるため自分の体に起こっている状況を把握することが出来ます。その上でどういった治療を行なうとより最適な効果が期待できるかなどの説明があり、実際に治療の手順を説明されます。通常は1つの方法ではなく複数の方法を以って治療が行われます。脳は人それぞれ違いどの効果が最適なのかはやってみないと分からない部分が多いです。そのため複数の治療方法、例えば薬物治療や行動治療などを同時進行で行なっていきます。あとは一切に治療を初め、定期的に心療内科へ訪れて経過診断を行います。最初のうちは実際の医薬品を処方されますが、医薬品の効果が見られたばあいはある時期から次第に量を減らし、プラセボ効果が得られるようにしていきます。そして行動療法などでは適度な運動や適度なストレスを与え、ストレスを受け流し、また自律神経を整える治療などが行われていきます。早い人で数ヶ月、長い人で数年の月日を費やして治療を行うことになります。早めに治療を行なうことで症状の慢性化を防ぐことができ、完治に近い形で改善することも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加