疼痛性障害に負けない克服法|今すぐ痛みノン

女性に多い

青空

身体表現性障害の中に疼痛性障害があります。疼痛性障害は外的症状が無いにも関わらずリアルな痛みを感じてしまう症状で、脳内物質であるセロトニンの異常で起こると考えられています。痛みは人それぞれですが、本当にケガをした時のような痛みが走り、タイミングもバラバラとされています。疼痛性障害は男性も女性もなることがある可能性の脳障害です。しかし統計的なデータでは女性に発症する割合が高いと言われています。その理由に心理作用の高い社会生活を送っているからとされています。年齢的には20以降の発症割合が多く、心理的負担の多い社会生活を送っていると疼痛性障害を発症する事があり、常に脳内が活発に活動し、セロトニンの分泌とニューロン活動に高い負荷がかかっているためその確率も高くなってしまいます。セロトニンは生体リズムや神経情報の伝達、また自律神経に関わる様々な作用を行います。心理的負担が大きいと自律神経のバランスは崩れやすくなり、また女性特有の体の変化から身体自体の負担も定期的に訪れます。こういった原因からセロトニンに関する異常が多く、疼痛性障害が発症する環境が整ってしまいます。
治療をするためにはセロトニンの分泌を整え、バランスの良い状態をキープすることが大切です。時には薬物治療を行なうこともあり、強制的にセロトニンの分泌量をコントロールすることもあります。正し女性の場合は心理的作用が大きいため、まずは環境を変えなければいけないとされています。例えば今現在仕事していて人間関係に疲れている、またストレスの多い仕事が多いという時は少し休暇をもらい、ストレスの無いフリーな時間を用意するといいでしょう。この期間で生活のリズムを整え、自律神経がしっかりと機能するようにします。交感神経と副交感神経を相互に活動させることをイメージして、適度な運動などをすることも大事でしょう。自律神経が整うと次正常な脳内物質を分泌しようと脳が機能を初めます。セロトニンが安定してくればニューロンの成形も綺麗にでき、痛みを発する回数も徐々に少なくすることが出来ます。今現在仕事を辞めたり、休暇が貰えないという時は脳外科や心療内科へ訪れることが大事です。医薬品でセロトニンを整えるだけでも突発的な痛みを改善することは可能です。特に耐え難い痛みが発症するという方は日常生活に支障をきたすこともあるでしょう。医薬品が処方されていればそれなりに気持ち的にゆとりが出来ます。脳内の病気とはいえ脳が精神を作り出しているため精神とは密接な関わりを持っています。疼痛性障害の治療はこういった事をしっかりと行うことが大切といえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加